「 Alternative 」に関する記事一覧(74件)

DISC REVIEW

2016年11月17日

ニヒルなサイケデリック、鮮烈な脳内ループへ

ハシグチカナデリヤその名はハシグチカナデリヤ2017年1月にメジャーデビューが決定した、ハシグチカナデリヤのインディーズ1stアルバム。ループマシンを巧みに利用した重厚でサイケデリックで切れ味が鋭いサウンドと、独特の色気を放つ歌声、佇まいが特徴...

DISC REVIEW

2016年10月26日

閃光ライオットの最終兵器、雑多な地下ネガティブ・ポップ

挫・人間非現実派宣言閃光ライオット2009の決勝進出者の状況はこの7年間で大きく動いている。GLIM SPANKYの活躍は目まぐるしい一方で、優勝したSHIT HAPPENINGやThe SALOVERS、Bob is ...

DISC REVIEW

2016年7月28日

退廃と幻想の中間点、静と動の呼吸音を

CONDOR44db日本のオルタナティヴ・ロックバンド、CONDOR44の2ndアルバム。ジャパニーズオルタナの総本山とも言えるUK.PROJECTからのリリース。時に切れ味鋭い轟音ギターで疾走し、時には浮遊感全開のギタ...

DISC REVIEW

2016年7月1日

朝、静かに息を始める街を、二編の詩で紡ぐ

ベランダ最後のうた / 朝 朝もやの漂う、まだ空気の冷たい青白い、そんなどこかにある街の早朝。そういう情景が思い浮かぶ歌だ。朝の早い家の窓には灯りがともり、ぽつりぽつりと朝食の支度が音になって聞こえてくるように、少しずつ色がつ...

DISC REVIEW

2016年6月17日

隣人の衣摺れも途絶えた夜更け、一人口ずさむ夜の始まり

Now, NowNeighbors   僕がこの曲に脳天を撃ち抜かれたのは一昨年の秋だっただろうか。憂いの感情が言語化され、発されているような感覚を覚えるセンシティブでダウナーな歌声、ドライでバシャッとしたスネアの音が特徴的...

DISC REVIEW

2016年6月10日

耳窩に残る金属質の傷跡には、確かな温度感があった。

caroline rocks白い空気とカーディガンと頭痛 鋭利でキンキンとした鳴りのギターと中性的なミッド~ハイトーンボーカル。支える強靭なリズム隊とメロディアスなギターが白色の鳴りはそのままに、そこに幅のある色調を加えていく。 2005年結成。2012年...

DISC REVIEW

2016年5月27日

芽吹く意志の数々は、吹き抜ける風に明日を託す

GueCharacter京都発、4ピースギターロック、オルタナバンドGueの、セカンドリリースとなる音源、”Character”が5月22日のレコ発企画を持ってリリースされた。 2015年、3月に未だ音源となっていなかった、...

DISC REVIEW

2016年5月11日

プログレッシヴに動顚する狂気、緋色の地下室で

惑星アブノーマル何でも無い凶器日本の二人組ユニット、惑星アブノーマルの1stミニアルバム。いろいろな一面を持つ彼女たちであるが、このアルバムはその中でも狂気的な一面を切り取っており、コンセプトアルバムと言ってもいいかもしれない。ボ...

DISC REVIEW

2016年3月27日

北欧音楽シーンの一角を担う、オルタナティブミュージック

KentVerkligen #3 “Gravitaion”という楽曲。スウェーデンを代表する、オルタナティブ・バンドKent。今回のレビューは96年リリースの2ndアルバムだ。   先日、スウ...

DISC REVIEW

2016年2月23日

全てが青かったあの頃、00年代初頭をもう一度

Float down the LiffeyGlider e.p.東京都を中心に活動する男女ツインボーカル編成の4人組、Float down the Liffeyのep。2011年結成の今を生きるバンドでありながら、彼らの持つ空気感はいい意味で2000年代初頭である...

1 2 3 4 5 6 7 8