「 Alternative 」に関する記事一覧(141件)

DISC REVIEW

2015年9月13日

閉塞の狭間で揺らぐ、無明長夜の考思

RECO.青いブルー東京を中心に活動していた男女混成ツインボーカルバンド、RECO.のシングル。自らのジャンルを「夜空」と形容しており、夜を思わせるダウナーな雰囲気の中で、星の煌めきの様に輝くツインギターの絡みが印象的で...

DISC REVIEW

2015年9月11日

方舟すら押し流す、黒曜の激流葬

Aysularelease meそれは音の洪水とかそういったものでなく、もはや濁流に近い。足し算に足し算を繰り返したマッシヴなシューゲイズサウンドは、ある種ユートピア的で安らかな音像を特徴とするシューゲイザーの正統とは異なり、そうい...

DISC REVIEW

2015年9月9日

ロックスター・ラヴズ・オルタナティブ

SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HERNo! No! No!日本のオルタナティブ・ロックバンド、SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HERの2000年発売のフルアルバム。あの小山田圭吾が主催するトラットリア・レコーズからCDを出して...

DISC REVIEW

2015年9月8日

選ばれなかった永遠と、進む道の先の永遠へ捧ぐ

MAGI SCENEJargon E.P歌われる澄んだ風景と等倍で描き出される感情が、無理なく聞き手の感傷を引き出す、オルタナティブ・ロックバンド、MAGI SCENEの2012年発の初となる正式な音源。00年代後半から10年代前半的な歌モ...

DISC REVIEW

2015年9月6日

肉食獣達の挽歌、土塊の匂いと交じって

Meat Eaters4tracks東京を中心に活動するスリーピースバンド、Meat Eatersの4曲入りdemo。うねるような轟音とエモの影響を受けた情念の篭ったボーカルスタイルに、思わず胸を突き動かされることだろう。あのTHE N...

DISC REVIEW

2015年9月2日

倒錯ポップネスライフアンソロジー

さよなら、また今度ね菅原達也菊地椋介佐伯香織渋谷悠都内を中心に活動していた4ピースバンド、「さよなら、また今度ね」の1stミニアルバム。バンド名、アルバム名、曲名どれを取っても良く言えば個性的な、悪く言えばふざけまくりの彼ら。公式HPのメニュー欄に何...

DISC REVIEW

2015年8月12日

感情の波に委ねた、退廃と幻想の哲学

fra-foa宙の淵東北大学で結成された4人組エモコア/グランジバンドの1stフルアルバム。ガツンと鳴る破壊的な轟音オルタナサウンドの中で、張り裂けそうな感情を炸裂させるVo.三上ちさこの歌。この三上ちさこという女が鬼才...

DISC REVIEW

2015年8月11日

見知らぬ夜の街、ぽつりと佇む水銀灯

百長夜遊びのセンス名古屋が誇る万薬バンド、百長がついに全国へと放った初の流通音源。2010年の結成から、3枚のシングル、2枚のミニアルバム、1枚のEPと多くの音源を自主制作により世に送り出してきた彼ら。ようやくたどり着...

DISC REVIEW

2015年8月4日

揺れる真夏の蜃気楼を写す、涼やかな逃げ水

ナツノムジナnatsunomujinaうだるような暑さの日が続く季節になった。セミの鳴き声は生活音の一つとなり僕たちの暮らしに馴染み、存在を訴えかけながらも、とても透明だ。アスファルトを走れば、遠くには水たまりが揺らめく。近寄ろうとも、決...

DISC REVIEW

2015年7月29日

干し忘れた洗濯物、彼女のタバコの吸い殻、なんとかキリコの漫画

ネズミハナビBOY意味深なレビュータイトルになってしまったが、これらは全て曲中で効果的に使われているワードの数々である。これらのワードに何か引っかかりを覚えた人には、何か響くものがあるんじゃないだろうか。  ...

1 8 9 10 11 12 13 14 15