「 Alternative 」に関する記事一覧(141件)

DISC REVIEW

2015年11月14日

鮮烈に鋭角を抉る夜光、ドラマティックに栄え

THE UNIQUE STARGood morning DEVIL日本の男女混成4ピース、THE UNIQUE STARの2ndアルバム。現在は無期限活動休止中。切れ味の鋭いオルタナティヴなギターサウンドに、男Vo.エバタヒロカズのハイトーンボイスと女Vo.tomo...

DISC REVIEW

2015年11月13日

モノクロのフィルターを通じる、扇動的情景と無味乾燥な生死

NothingGuilty of Everything  新世代型シューゲイザーとでも呼べるような、包み込む轟音とハードコアライクなダイナミックなリズム隊との融合が非常にディストピア的で美しい、アメリカはペンシルバニアの4人組、Nothingの...

DISC REVIEW

2015年11月7日

退廃したサイケデリアへと引きずり込む狡猾な従者達

WarpaintExquisite Corpseアメリカはロサンゼルスの女性4人組アート・ロックバンド、WarpaintのデビューEP。ex.Red Hot Chili Peppersのジョン・フルシアンテがmixを担当している。サイケデリックな音...

DISC REVIEW

2015年11月3日

溢れ続ける熱量と高熱伝導の鋭利な鈍色

Nostalgic four past and Cigarette endサヨナラのわけ京都発、フルバッテリーのエネルギーで歌い散らす4人組ポストハードコアインフルエンス・オルタナティヴ、Nostalgic four past and Cigarette endの1st ミニアルバム。一...

DISC REVIEW

2015年10月24日

疎外され行く感情に、輪郭の滲んだ薄明を

スパンクル水深200メートルからみた光東京を中心に活動していた4ピース・ガールズバンド、スパンクルのミニアルバム。彼女達が標榜していたのは「疎外感ロック」。一見どういう意味か分からない言葉ではあるが疎外感を感じることを否定するわけでも、疎...

DISC REVIEW

2015年10月23日

最もクールでダンサブルな言説を謳う、黒きオラター

Bloc PartyA Weekend In The Cityボーカルギター、Keleの歌う独特のナイーヴな節回しのメロディと、曲中を縦横無尽に切り裂くRusselのキャッチーかつダークなギターリフが耳に残る、ポストパンク/ニューウェーヴ・リバイバルの筆頭にある...

DISC REVIEW

2015年10月14日

トリプルボーカルが織りなす、虹色オルタナ空模様

POP CHOCOLAT虹色ファルセット「はんなりオルタナロックバンド」を自称する、京都出身ガールズバンドPOP CHOCOLATの2005年リリースのミニアルバム。オルタナの名門UK.PROJECTからのリリース。現在はサポートメンバーを...

DISC REVIEW

2015年10月13日

歩み続ける朱の花、その踏み出した一足目の跡

つばきあの日の空に踵を鳴らせ今年で活動15周年を迎えた円熟のスリーピースロックバンド、つばきのメジャーデビュー前に発売された1stフルアルバム。一度メジャーデビューするも、再びインディーズへと舞い戻り、着実な歩みを続けていた彼ら...

DISC REVIEW

2015年9月25日

新緑の白樺並木と、頬を刺すまだ冷たい風の色

bufferins Corrupt日本の極北、北海道の地に生まれた女性ボーカルを擁するオルタナ、エモバンドbufferinsの1stフルアルバム。同郷のCOWPERSにも通じるような、一本道直通な骨太のエモ、パンクスタイルに、Naht...

DISC REVIEW

2015年9月16日

人間臭さと電子の間で揺れた、ゼロ年代のシティポップ

YOMOYAYoi Toy東京を中心に活動していたシティ・ポップバンド、YOMOYAの2009年発売のアルバム。今やceroを初め、Awesome City Club、Shiggy Jr.に王舟など、多くのシティ・ポップバンド...

1 7 8 9 10 11 12 13 14 15