「 Alternative 」に関する記事一覧(74件)

DISC REVIEW

2017年10月13日

はじめまして、耐えることなき日々の体温よ

i have a hurtdeep slumberi have a hurt。痛みのあるバンドだと僕は思っている。彼らのライブを見たのは一度きり、数年前のことだったかと思う。全ての言葉も叫びも、悲痛な祈りさえも全てを覆い隠し、感情だけがただ耳を壊すご...

DISC REVIEW

2017年10月6日

泡立つ硝子の採光と、夜半に落つ燐光の金色

Reverie Sound RevueReverie Sound Revueカナダの5人組フィメールボーカルインディーロックバンド、Reverie Sound Revue。2003年に活動一期のまとめとしての、”Reverie Sound Revue (EP)&#...

DISC REVIEW

2017年9月15日

波音に功罪は無くとも、揺らめく陽炎は蒼く、遠い

ナツノムジナ淼のすみか2015年のセルフタイトルEPが彼らとの初めての出会いだった。沖縄出身、現在は東京に居を移し活動する4人組オルタナティブバンド、ナツノムジナの1stフルアルバム、『淼のすみか』が発売されたのはつい先日...

DISC REVIEW

2017年9月2日

ビートとビートの隙間で、暴走するナードライオット

0.8秒と衝撃。エスノファンキードフトエフスキーカムカムクラブep日本のナードオルタナバンド、0.8秒と衝撃。の2ndアルバム。ハードコアだったりテクノだったり歌謡曲だったりポストロックだったり曲毎、いや時に曲中にもめまぐるしく色を変えるある種のごった煮感が楽しい。...

DISC REVIEW

2017年8月25日

旅路を終え、靴裏に詰まる小石に次の旅路を思う

スーベニアThink Twice彼らの出発点であり、いわば原点であった1st demo、『Short Pieces』がリリースされたのは、2016年7月。それからわずか一年、11の新たな言葉を紡ぎ、彼らスーベニアは、日本の新しいオル...

DISC REVIEW

2017年8月11日

先駆ける早馬よ、藍色の流星の尾を追え

GueLuminous京都発、心を揺るがすギターオルタナティブ、Gueの3rdミニアルバムが先日リリースされた。1stミニアルバム、『Inside』のリリースはおおよそ3年前となる2014年9月。そこから2016年5月の2...

DISC REVIEW

2017年8月4日

砂上のつむじ風と、薄曇りを割く燐光の流線型

Cookie Romance NonsugarShell e.p.名古屋で活動する4人組オルタナティブロックバンド、Cookie Romance Nonsugar。その2作目となる、”Shell e.p.”が先日リリースされた。結成は2015...

DISC REVIEW

2017年7月21日

薄墨を流す空模様に、群青の切れ間を待つ

Cloud NothingsLife Without Sound   Cloud Nothings、キャリア4枚目となるアルバム。僕は彼らの音楽を聴くのは2ndアルバム『Attack On Memory』以来で、実は3rdアルバムに関してはスルーしてしま...

DISC REVIEW

2017年7月7日

曖昧な明暗に緑の影を落とす、薫蒸の木立

Death HawksSun Future Moonダウナー系ドラッグな世界観を静かな狂気で表現する、フィンランドの4人組サイケデリックバンド、Death Hawks。静かに繰り返されるかみごたえのあるアルペジオリフとスペーシーなシンセサウンド、過剰に...

DISC REVIEW

2017年7月6日

薄明に感傷を委ね行く、夜明け前の低空飛行

SCARLETREFLECTION日本のスリーピース・オルタナティヴ・バンド、SCARLETの2009年の作品。Gt.Vo.橋本洋介とBa.Vo.林束紗の男女ツインボーカルが売りのバンドだが、このアルバム以降は林束紗をメインボーカルに...

1 2 3 4 5 6 7 8