「 Alternative 」に関する記事一覧(74件)

DISC REVIEW

2015年9月8日

選ばれなかった永遠と、進む道の先の永遠へ捧ぐ

MAGI SCENEJargon E.P歌われる澄んだ風景と等倍で描き出される感情が、無理なく聞き手の感傷を引き出す、オルタナティブ・ロックバンド、MAGI SCENEの2012年発の初となる正式な音源。00年代後半から10年代前半的な歌モ...

DISC REVIEW

2015年9月2日

倒錯ポップネスライフアンソロジー

さよなら、また今度ね菅原達也菊地椋介佐伯香織渋谷悠都内を中心に活動していた4ピースバンド、「さよなら、また今度ね」の1stミニアルバム。バンド名、アルバム名、曲名どれを取っても良く言えば個性的な、悪く言えばふざけまくりの彼ら。公式HPのメニュー欄に何...

DISC REVIEW

2015年8月11日

見知らぬ夜の街、ぽつりと佇む水銀灯

百長夜遊びのセンス名古屋が誇る万薬バンド、百長がついに全国へと放った初の流通音源。2010年の結成から、3枚のシングル、2枚のミニアルバム、1枚のEPと多くの音源を自主制作により世に送り出してきた彼ら。ようやくたどり着...

DISC REVIEW

2015年8月4日

揺れる真夏の蜃気楼を写す、涼やかな逃げ水

ナツノムジナnatsunomujinaうだるような暑さの日が続く季節になった。セミの鳴き声は生活音の一つとなり僕たちの暮らしに馴染み、存在を訴えかけながらも、とても透明だ。アスファルトを走れば、遠くには水たまりが揺らめく。近寄ろうとも、決...

DISC REVIEW

2015年7月14日

思い出すのは、むせるような緑の匂い、抜けるような青空

deidSCENE東京、下北沢を中心に活動するティーンエイジライクオルタナティブギターロックを展開するバンド、deidの初の全国流通盤。今の多くの歌モノバンド達と同じくして、楽曲から感じるグランジ、オルタナ、ポストコア...

DISC REVIEW

2015年7月7日

深夜、静謐なる海原、月に吠える

OsrumOSRUMAs Meiasのギタリストとして活動していたGt/Vo. 魚頭を中心に、ex-As Meias, NAHT, pre-Baloonsなどと盤石のメンバーで現出したオルタナティブスリーピースギターロ...

DISC REVIEW

2015年6月16日

危うすぎたディストピアの絵画的鳴動

blgtz同時に消える一日日本のオルタナの最深部を一直線に進み続ける、孤高のDIYアーティスト、田村昭太によって繰り出される重厚で荘厳なる音世界。それがblgtz(ビルゲイツ)である。今回レビューするのは3rdフル。その音像の...

DISC REVIEW

2015年6月3日

何処までも深く、救いのない場所で

2:54Scarlet EPロンドン出身のたオルタナティブロック・バンド、2:54のEP。中心メンバーはColette Thurlow(Gt.Vo.)とHannah Thurlow(Gt.)で、名前からも察しが付く通り二人は実の...

DISC REVIEW

2015年5月30日

愛の裏側にある儚さと虚しさ

SCARLETAddicted to Love2014年に惜しくも解散した、スリーピース・ロックバンドSCARLETの2012年リリースのラストアルバム。 林束紗(Ba.Vo.)は、藤巻亮太やベンジー、HINTOなど数々のアーティストのサポートを...

DISC REVIEW

2015年5月27日

めくるめく轟音に彩られた一夜の夢

geek sleep sheepnightporterMO’SOME TONEBENDERの百々和宏(Gt.Vo)、凛として時雨の345(Ba.Vo)、そしてL’Arc〜en〜Ciel、acid androidのyukihiro(...

1 3 4 5 6 7 8